トイレの水漏れ原因はタンク内のトラブルかも!

こんにちは。今日は「トイレの水漏れ原因はタンク内のトラブルかも!」ということでトイレ水漏れの原因はトイレタンクにあることも多いのです。今日はそこにスポットをあてて詳しく解説していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

トイレタンク

トイレの水漏れ原因はタンク内のトラブルかも!

人間が生活していくうえで絶対に欠かせないものがトイレですよね。しかしながら、トイレというのは毎日使うものですので自ずと使用頻度が高くなります。

使用頻度が高いとトラブルの確立も上がってしまうのも事実です。トイレのトラブルで多いのが、トイレの水漏れトラブルです。

トイレの水漏れトラブルで考えられる原因が実はトイレタンクにあるということです。もちろんですが、他の原因という場合もあります。

このようなトラブルに見舞われてしまった時に、トイレの水漏れトラブルの原因を突き止める方法を知っていることで後々大いに役立ちます。

今日は、トイレの水漏れトラブルの原因を突き止める方法及びトイレタンクの故障が原因だった場合の自分でできる対処方法を紹介していきたいと思います。もちろんですが、水漏れトラブルを予防する方法も解説したいと思いますので、参考になれば幸いです。

トイレの水漏れトラブルの原因の突き止め方

トイレの中に入ると、「ん?床が濡れている?」「水浸しだ」という風に水漏れトラブルになってしまっていることはありませんでしょうか?このような時、トイレのどこからどんな風に水漏れトラブルが生じてしまっているのか、原因が分からないと自分で対処ができません。

そればかりか二次被害にも繋がる恐れがあるのです。

ここではトイレの水漏れトラブルの原因を突き止める方法を解説しますので、参考になれば幸いです。

基本的にやることは不要になった布やタオルを用意してください。100均で売られているタオルであれば十分です。それを便器周辺に敷いてください。

このようにした時に濡れてしまっている場合の原因としてあるのが、結露です。湿度・気温の変化によってトイレ自体やトイレタンクに結露が生じてしまっている場合があるのです。

このような時はトイレを十分に換気してください。

その他の原因として考えられるのが便器に給水パイプが繋がっています。その給水パイプの接続部分からの水漏れトラブルが生じてしまっている可能性もあります。この場合は、水滴がポタポタと落ちてくると思いますので、焦らずにゆっくりと水漏れの原因を突き止めるためによく見ていてください。

一番厄介なケースとしては、便器及び排水管を繋いでいる部分からの水漏れトラブルが生じている可能性も否定はできません。このような時は、悪臭が漂うはずです。悪臭に気づいた場合は早急に自分の信頼できる水道修理業者へ相談・依頼をしてください。

トイレタンクをよく観察してください

トイレからの水漏れトラブルが生じている場合は、トイレタンクからの水漏れトラブルが生じている可能性も否定できません。そこで原因を突き止める方法としては、手洗い場・便器の水が少しずつ止まらないかで見極めることができます。

どのようなことが原因でトイレタンクから水漏れトラブルが生じてしまっているのか、何例か挙げて解説していきます。

・チェーンが絡まってしまっている

トイレタンクから便器に水が流れます。その時に水量を調節するのがゴムフロートといわれるトイレタンク内の部品です。このゴムフロートはボールチェーンで水を流すときのハンドルと繋がっています。

しかしながら不可抗力等でチェーン絡まってしまうこともあります。これが原因で不具合が生じてしまい水漏れを引き起こしてしまうことがあります。

やはり定期的なメンテナンスは必要ですね。

・ゴミが挟まってしまっている

ゴムフロート・パイプの隙間にゴミが挟まってしまって不具合が生じてしまい水漏れトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

トイレタンク内を確認してゴミがある場合は歯ブラシ等で取り除いてください。これで水漏れトラブルを予防することができます。

・ゴムフロートが破損してしまっている

基本的に稀なことですが、ゴムフロートが破損してるという場合もあります。この場合は水量の調節ができなくなってしまうので、水漏れトラブルが生じてしまうのです。

トイレタンクに水漏れの原因があるならば自分で修理が可能なこともあります

トイレの水漏れトラブルの原因がトイレタンクにあった場合は、トイレタンクの故障の原因を解消することで自分で修理が可能なこともあります。

ここではどのような修理方法があるのか、詳細を解説していきたいと思いますので、参考にしてくされば幸いです。

基本中の基本を書きます。水回りのトラブルで一番多いのが水漏れです。水漏れを解消する前にやることがあります!それは止水栓や元栓を閉めることです。

止水栓と元栓を閉めればそれ以上に水漏れをすることは絶対にありませんし、被害も少なくて済みます。

このようにして止水栓・元栓で水を止めたのならば、トイレタンクの水を流すのでハンドルを回して便器に水を流してください。

次にやることは水がなくなったことを確認してください。水がなくなったらトイレタンクと給水管を取り外してください。ここで注意して欲しいのが、ゴムパッキン等の細かい部品は絶対に無くさないようにしてください。

きちんと保管してください。

トイレタンクを外しましたら、バルブを新品のものに交換してください。或いはボールタップごと交換してしまうのもありです。

ここでトイレタンクと給水管を元通りにして修理は完了となります。ここでも注意して欲しいのが、破損してしまった部品を交換することによって水漏れは解消されます。ところが元通りに組み立てることができないと水漏れトラブルが解消されないこともありますし、それどころか二次被害となってしまい再起不能になってしまうこともあります。

このような場合は、焦らずに水道職人へお電話ください。早急に駆け付けて対応致します。

トイレからの水漏れトラブルの予防方法

トイレでの水漏れトラブルは、パーツ・部品の経年劣化や破損によるものが殆んどです。よって水漏れトラブルを予防するには、自分が信頼できる水道修理業者へ定期メンテナンスの依頼をすることが望ましいのです。

定期的にメンテナンスを実施していることによって水漏れトラブルはかなりの確率で予防できます。

トイレタンクの水漏れトラブルを予防するには、洗浄剤のタイプのチョイスを適切にしておくことです。トイレタンクに入れる洗浄剤がトイレタンク内の部品に触ってしまったりすると、水漏れトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

よって洗浄剤のチョイスには注意してください。

トイレからの水漏れトラブルは、自分で解消できるものもあります。しかしながら、分解して修理することが殆んどなのも事実です。

よって自分が信頼のできる水道修理業者へご相談・ご依頼ください。

基本的に水道職人では、ご連絡さえいただければ巡回中・待機中のスタッフが現場へお伺いして、原因の特定とお見積り。

そして、ご説明後に対応・対処していきます。是非ともお気軽に水道職人へお電話ください。

きっとお力になれると思いますので宜しくお願い致します