自分で出来る水漏れつまり解消方法

こんにちは。今日は「自分で出来る水漏れつまり解消方法」について詳しく解説していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

自分で出来る水漏れつまりトラブル解消する方法

日々日常生活を送っていると、水回りに関するトラブルが生じてしまうことが幾度かあるかと思います。その中で最も水回りのトラブルが発生しやすいとされている場所は正直申しまして限られております。

尚、トラブルの度合いによってですが場所によっては被害が大きくなってしまうこともありますし、詰まりだけじゃなくて水漏れ等もダブルパンチで生じてしまうこともあります。

今日は、詰まりや水漏れを自分で解消する方法を詳しく書いていきます。

普段使っている洗濯機の詰まりや水漏れの対処方法は?

洗濯機

私達が普段使っている家にある洗濯機。年中大活躍してくれますよね。しかしながら、洗濯機も水トラブルを起こすことがあります。その水トラブルを放っておくと、再起不能になりしまいには使用できなくなってしまい買い替えをしなくはいけない状態となってしまう場合があります。

比較的軽い詰まりや水漏れならば、ご自分で解消することが可能です。ではどのような解消方法があるのでしょうか。見ていきましょう。

洗濯機からの水トラブルで水漏れを起こしている場合は、水が漏れている箇所を把握してください。水漏れを解消するには原因を突き止めなくては対処しようがありませんので、点検をして原因と突き止めてください。

洗濯機の蛇口やハンドルからの水漏れをの場合は、ゴムパッキンの経年劣化や破損。これらを新品に交換することで水漏れは解消されます。

最寄りのホームセンターで新品のゴムパッキン等を買って来て新品に交換してください。

洗濯機での詰まりが生じてしまう場合は、排水口詰まりが多いです。排水トラップに汚れやほこり、小さなゴミ等が蓄積されて詰まりが生じてしまうことがあるのです。

よってまめに掃除しておくことで詰まりを予防することができます。よって詰まりに関しては、詰まりが生じないように日頃から掃除をしておくことが大切なのです。

洗面所の詰まりや水漏れの対方法は?

洗面

人間が生活する上では水が必要不可欠です。イコール洗面所で顔を洗ったり、髭を剃ったり、歯を磨いたりする場所は自ずと洗面所となります。洗面所は水を使用する頻度がとても高いところです。

水の使用頻度が高い洗面所は水のトラブルが生じやすい場所でもあります。よって洗面所で詰まりや水漏れが生じてしまった場合の、解消方法を書いていきます。

基本的に洗面所で水漏れが生じてしまう場所としては、蛇口と洗面台の下のトラップ部分が多いのです。蛇口からの水漏れがある場合は、ゴムパッキンや内側のパーツの経年劣化・破損が原因であることが殆んどです。

解消方法としては、蛇口やトラップを分解して内側のパーツを新品に交換・ゴムパッキンの交換等をすることで、水漏れは直ります。

次は洗面所の下のトラップ部分の水漏れに関してです。トラップの接続部分のゴムパッキンの経年劣化・破損していることがあります。新品の部品に交換することで、水漏れ等のトラブルは解消されます。

ここも大至急新品のゴムパッキンや、部品に交換していきたいとところです。

そして、トラップ自体が経年劣化している場合もあります。この場合の原因としては、トラップの経年劣化となりますので、トラップ自体を新品に交換する必要があるのです。

洗面所で生じてしまう詰まりに関しては、排水口に石鹸カスや髪の毛や汚れ、ゴミ等が蓄積されてしまい生じてしまっていることが殆んどなのです。

排水口の詰まりの原因となっている原因を解消することで、詰まりも自ずと解消されます。

トイレからの水漏れや詰まりの対処方法は?

トイレ

私達が毎日使っているトイレが急にトラブルを起こしてしまったらビックリしますよね?しかしながら、トイレも毎日使われている場所ですので、いつトラブルが起きてもおかしくないということ念頭に置いていただくと的確な判断・対処ができると思います。

トイレのトラブルで多いのがトイレの詰まり、水漏れです。これらを放っておくとトイレが使えなくなってしまったり、マンションであれば他の部屋や階にも迷惑がかかったり、悪臭が出てきてしまうこともあります。

ここではトイレで発生した詰まりや水漏れに関しては、どう解消していけばいいのか。その対処方法を書いていきます。

トイレの水漏れには実は色々な原因・理由があるのです。トイレタンクから水漏れが生じてしまっている場合は、トイレタンクに一定量入ってくる給水を制限する機能があります。

しかしながら、この機能が何等かの原因・理由によって機能しないことが原因なのです。

トイレの床部分から水漏れが生じてしまっている場合は、排水管の内側にあるゴムパッキンの経年劣化・破損が考えられるのです。

この場合は給水パイプ等からも水漏れが発生しているはずです。

次はトイレで発生する詰まりに関して書いていきます。トイレで起きるトラブルでは水漏れより多いのが詰まりです。詰まりの原因としては、トイレットペーパーの流しすぎや流せない異物が詰まっていたりします。

特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様が間違ってトイレにおもちゃ等を流してしまい、トイレの詰まりが生じてしまうというトラブルがあります。

トイレットペーパーによる詰まりは、ラバーカップで「スポンスポン」とするだけで詰まりは解消されますので、先ず試してみてください。

しかしながら、上記のように流せない異物やおもちゃ等によって詰まりが生じてしまった場合は、ラバーカップでは少々心もとないので、信頼できるプロの業者に相談・依頼されるのが最善の策かと思います。

因みに水道職人はご連絡から30分以内に現場に駆け付けるように心がけております。その後、点検後に修理行うというスタイルです。

お気軽にご相談ください。

どうしてもトラブルが解消できない場合は業者へ依頼することがベスト

業者

このように家で発生した水回りのトラブルやトイレのトラブルの原因が、簡単なことならば自分で対処・解消することも可能です。

しかしながら、自分で対処・解消できないほとの詰まりや水漏れの場合は、すぐに信頼できる水道修理業者へ相談・依頼をしてください。

洗濯機や洗面所の排水口の詰まり等は、詰まりの原因を取り除けば、自分でも対処・解消することができますので、問題はありません。

しかしながら、度合いが酷い水漏れの場合は、ご自分で対処・解消できないこともあります。放っておくと二次被害や悪影響が出てきてしまうので、信頼のできる水道修理業者へご連絡ください。

最後になりますが、配管の内側の経年劣化や破損というトラブルは、配管を分解する必要があります。知識や技術が伴っているならば自分で対処しても大丈夫かと思いますが、一般的な方が自分で対処・解消するのはとても危険です。

ここは自分の信頼できる水道修理業者へ相談・依頼されるのがいいと思います。

弊社、水道局指定店の水道職人では、出張修理も行っております。水回りのトラブルでお困りの方は、お気軽にお電話ください。