結城市の台所つまり

茨城県結城市にお住いのお宅に伺いました。2階部分にある台所がつまってしまって、汚れが原因なのか流れが悪く、悪臭がするのでなんとかしてほしいということでした。伺ってみると建物はメゾネットタイプで、2階部分に主な居住スペースがありました。夫婦と子供のごく一般的な家族構成のお宅です。、築年数は10年程度でしょうか、特別劣化している様子は見えませんでしたが、台所に行くと確かに悪臭がしました。

水を流してみると全く流れないわけではありませんが、水量を多く出してみると流れが追いつきません。台所の排水管は細かい食べかすや、油汚れが蓄積され、時間をかけ詰まっていくことがほとんどなので、つまりの程度を確かめます。まず、排水溝に蓋をし、熱湯をはります。溜まったところで一気に流してみます。すると、かなりの時間をかけ少しずつ流れ、最終的にはにはごぼごぼと音を立てて流れていくという状況でした。

だいぶ詰まっている様子です。そこでお客様につまりの原因、現状をご説明し、つまりの除去方法についてご提案させていただきました。一つ目は、薬剤を流して汚れを除去する方法です。この方法は、かなり強い薬剤で汚れを燃焼させ除去していくものであるため、排水管の傷み具合によっては、ごみだけでなくパイプごと溶かしてしまう可能性があります。二つ目は、専用の高圧洗浄機を使用し備蓄したヌメリなどを吹き飛ばしてしまうやり方。ただ、排水管のどの部分が詰まっているのか目には見えませんので、3メートル程度ホースをいれ汚れを流していきます。

この方法であれば薬剤のように排水管を溶かす心配はないので、お客様に二つ目の方法でご了解していただき、高圧洗浄機での作業に取り掛かりました。案の定、食べかす等の汚れによるつまりが原因だったので、15分から20分程度の所要時間で作業は無事終了しました。どの家庭でも毎日何度も使う場所であり、しかも食品を扱う場所です。清潔に保っているようでも見えない部分や、手に届かない部分まで常に清掃することは難しいでしょう。台所流しの使用後、特に就寝前など熱湯を流すだけでも数段の違いがでます。その他今後の注意点も少しお話させていただき、終了しました。