ナットのゆるみに注意

古河市にお住いの方より「洗面所が水漏れしてしまって困っている」とのお電話をいただき、すぐさまご指定のお宅に伺いました。 作物が盛んで、綺麗な田園風景が広がる素敵な街です。 連絡をくださったお客様も農業を営まれいて、ご自宅は大変ご立派な日本家屋の戸建、二世帯住宅にお住いです。

お電話をくださったのは若奥様で、2階部分で旦那様とお子様と一緒に生活なさっています。 ここ数日は少しずつ水漏れをしていたが、昨晩までは普通に利用できた。 ところが今朝になってから急にその量が多くなってしまったので連絡した、とお話くださいました。

到着して実際に様子を拝見させていただくと、排水管で水漏れしており、洗面台下のS字などになっている『トラップ』と『給水管』の2か所でおこっていました。 このようなトラブルはナットが緩みが原因のことが多々あります。 まずはトラップ部分にある大きなナット3か所をしっかりと締め、次に排水管のナットもしっかりと締めなおしました。

作業中に1階にお住いの奥様から「1階のにも化粧台があり同じような状況になっているので見て欲しい」とご依頼いただいたので、そちらも拝見しました。 こちらのほうは少し古い形の物でしたが、詰まりなどがおこらないようにと、目の細かいメッシュ排水口ゴミ受けを利用されるなど、大変丁寧にご使用されていました。

洗面所の水漏れ箇所は排水パイプの繋ぎ目でした。 排水パイプの繋ぎ目からの水漏れは、水漏れ防止用のゴムパッキンの劣化が原因でおこります。 水漏れ原因を説明し、ゴムパッキンの交換作業の了承を頂けたので、ゴムパッキンを新しいモノに替えました。 一旦水を流して水漏れがないことを確認し、1階の洗面部分の水漏れ修理作業も終了となり、本日の全ての作業を終えることができました。