築20年のお家へ行きました

茨城県つくば市にお住いのお客様宅で台所のシンク下の収納部分が水浸しになっているとのことでご相談の電話を受けました。水漏れは、それまで全く前兆のようなものがなく、急に今日になって起きたしまったようです。とにかく収納部分の底面がかなり濡れてしまったのでとりあえずタオルで拭いてバケツを置いて対処をしているとのことでした。

いずれにしてもこのままでは台所シンクを使用することができませんから当日中にお伺いすることをお約束させていただきました。あいにく午前中はすでに修理の予約がいっぱいでしたので、午後からの対応となることお伝えしてご納得いただきました。 お客様がお住いのつくば市は、茨城県のちょうど中央部に位置している緑豊かな学園都市として随分前から発展してきました

。国内では有数の研究機関である筑波大学を中心として美しい街を作り出しています。ニュータウンも早くから造成されており多くの大学関係者が住まう場所です。お客様の一戸建て住宅も、このニュータウン内にありました。お昼でも幹線道路はかなり混雑しており到着するまでに30分以上かかってしまいました。 現地に到着し、早速お客様のお話をお伺いしながら台所の収納扉を開けて、中の様子を点検していくことにしました。

こちらのお宅は、すでに築年数が20年以上経過しているので台所の老朽化も進んでいる状態で、そろそろキッチンのリフォームをしたいと考えておられるところだったそうです。シンク下からの水漏れの原因は、まさしく排水管に接続されているジャバラホースの劣化でした。本来はある程度柔軟性のある素材が使用されていますが、経年劣化により、硬くなっていてちょっとものが当たっただけで、ひび割れしてしまう非常に脆い状態でした。

お客様はこのシンク下の収納にキッチンの洗剤などを収納されており、出し入れの際に洗剤ボトルなどがジャバラに当たってしまったのかもしれません。強い衝撃が加わることで蛇腹に亀裂が突然入り、あとは水道を使用するたびに排水がひび割れ箇所から漏れ出てしまうのです。

修理は、まずこの古いジャバラホースを取り外して、新しいホースに付け替えることになります。作業自体は排水トラップからホースを取り外して行う簡単な交換作業でしたので20分もあれば真新しいホースへの交換が完了しました。水を流して、水漏れがないか再度点検をして、問題がないことを確認して作業は終了です。