常陸太田市のサーモ水栓故障

先週の出張修理は茨城県常陸太田市の一戸建てにお住いのお客様のご依頼で風呂の水道からの水漏れへの対応でした。

常陸太田市は、茨城県北部に位置する自然が豊かな田園地帯です。ご依頼主の方も農業を営まれているそうでお忙しそうでした。

さて、作業車を市内の中心部のご自宅まで走らせ、特に渋滞に巻き込まれることなくほどなくして現場に到着しました。早速お風呂場にご案内いただき、水漏れの点検から行うことにしました。

水漏れが発生していたのは、浴室洗い場にあるサーモスタット混合水栓での蛇口からでした。私が到着した時にも、ポタポタとひっきりなしに水が漏れていました。水漏れが始まったのは1週間前ぐらいで、しばらく様子をみていたら次第に漏れるスピードが早くなってきたので、私共にご連絡をいただいたようです。最初は大したことがない水漏れでも、時間の経過とともにどんどん悪化してしまうことは良くあることです。いずれにしても早い段階でお電話をいただいたことで水道代に響くこともなく済ませられそうです。

まずは水栓を傷つけないように慎重に部品を外していきます。カートリッジを取り外し内部のパッキンを取り除きましたが、パッキンはかなり劣化しており手で軽く押さえただけで、ボロボロと崩れてしまうほどでした。パッキンの寿命は、だいたい10年前後と言われていますが、実際には6、7年であることが多いようです。お客様によるとこのパッキンを交換したのも8年ぐらい前ということでしたので、劣化が進んでいるのもうなづけます。

パッキンを交換し、元どおりに水栓を組み立てて、最後に蛇口からの水漏れが完全に止まったことを確認しこの日の出張サービスは完了となりました。

後日談になりますが2日後に再度連絡がありました。内容は水栓本体を変えてほしいというもので、あの後ご夫婦で相談した結果やはり新しいものも使ってみたいという事になったらしいです。