潮来市の洗濯機詰り

本日は最近弊社へよくご依頼いただくようになった洗濯機排水の詰りに関して事例を紹介したいと思います。

お電話を下さったのは潮来市にて勉学に勤しむ学生さんで、今回は賃貸契約をしているご自身のお部屋が帰ってきたら床中水浸しになっていたという事でご連絡をくださいました。

現在は近くのホームセンターでまとめ買いしてきたバスタオルを大量に敷き詰め、濡れていた箇所は大方ふき取ったらしいのですが、いたるところにクッションフロアの浮きが見られるらしくそのあたりをかなり心配されていました。

幸いな事にお住いの物件は賃貸ではある物の戸建てづくりらしく、階下漏水などの心配はなさそうです。しかしながら原因が改善されない限りにはまた次の日も同様の症状が発生してしまいますので当日ご訪問させていただくこととなりました。

到着するとまだお若い男性のお客様がお出迎え下さり、お部屋内部へ案内してくれました。一通り見て回ったところ、今現在は新に水漏れしてくるような様子は見受けられなかったのですが、確かに全体的に濡れた形跡があり、確実に何かしらのトラブルが起きた後でした。

そこで既設の水道設備をくまなく調査することに。ここで一つの事に気が付きました。継続して漏れが起きていないという事は排水周りに異常をきたしている可能性が非常に高いのですが、お台所やトイレのような異臭は感じられず、どちらかと言えば真水に近いものが溢れた感じなのです。

そうなると怪しい箇所は浴室か洗面所付近となります。こちらのお家は昔ながらの在来工法のバスルームが採用されており、その為浴室は一段下がった箇所に造られていました。ということは洗面所のどこかしらにトラブルがありそうです。

試しにお部屋の隅に設置されている全自動洗濯機を運転させて動作の確認を行うと、脱水フローに入った途端ゴボゴボという変な音を立てて排水が逆流してきました。

これは排水経路に詰りがある際の独特の症状で、ある一定以上の流量に対して流れ切らなかった分が排水溝からオーバーフローしてきたのです。

すぐさまトラップ部分を分解し内部を詳しく見てみることに。すると入念に調査するまでもなくそこには大量のヘドロが・・・どうやら以前衣類から落ちた糸くず等が内部で様々な細菌と結合し、どろどろを形成していたようです。

幸いな事にそれより先のパイプは年数こそ感じるもののまだまだ問題なく使用できそうでしたので、目に見える範囲のそれらのゴミをビニル袋に確保し、洗剤で付近を洗いあげることによって症状は改善されました。