水戸市でトイレ内の給水管水漏れ

茨城県の水戸市にある一戸建て住宅に住むお客様から「トイレが水漏れするので修理して欲しい」という連絡をいただきました。連絡を受けて伺ってみると水戸市の閑静な住宅街の一角にその住宅はあり、訪問するとその住宅に住む年配の奥様が対応してくれました。

トイレの水漏れとはいったいどんな症状なのか具体的に調べるべくさっそくチェックしてみたのですが、トイレにつながっている給水管からポタポタと水漏れしているのがわかりました。奥様に話を聞いてみると少し前からこのような症状が発生しているということで、どうにも気になって修理を依頼したということでした。

異常がないとなかなか気付かないですが、トイレの給水パイプは長く使っていると次第に内部削れて薄くなり穴が開きます。この住宅は水戸市に古くからある一戸建てとのことですので、トイレまわりにトラブルが発生したとしてもおかしくはありません。そのまま異常なく使えるならいいのですが、水漏れしているとなると早急な対処が求められます。今回早めに連絡をしていただけたので、被害を最小限におさえることができます。

水漏れの原因となっているのは給水管の一部の老朽化だということを説明し、まず見積もりを提案させていただきました。するとその見積もりで奥様には納得していただいので、さっそく作業に取り掛かることにしました。古くなった部分の交換作業です。

まず安全に作業を行うために止水栓を閉めるのですが、奥様は止水栓があること自体よく理解されていないようでびっくりしていました。トイレや水道に特別詳しくなければ、知らないのも無理ありません。

交換作業自体はそれほど難しい作業ではありませんので、給水管を外してから問題の部分の交換をしました。こうした部品はいきなり壊れてしまうというよりも、徐々に劣化していくことが多いです。特にトイレや水道関連はそのようになることが多いので、利用している人は異常になかなか気付かず、今回のように水漏れしてやっと気付くというケースが珍しくありません。

部品の交換作業が滞りなく終わると、無事水漏れはしなくなりました。水漏れしなくなりましたので、通常通り使うことができるようになりました。トイレや給水管は経年劣化することがよくありますので、普段から注意を払っておくことが大切です。