水道修理を頼む前に確認して置くこと

水道修理

水道のトラブルが発生すると、水漏れが起こったりつまりが発生したりして流れなくなります。
水道は生活する上で大事なので焦ってしまいますが、そんなときこそ落ち着いて対処していきましょう。

修理はプロに任せる方が安心ですが、依頼する前に自分で確認しておくべきことがありますよ。
上下水道の知識がなくても出来ることばかりなので、トラブルを少なくするためにも頭に入れておいてください。

水漏れが起こっている場合は蛇口を締めてメーターを確認しよう

水漏れが起こっている場合、まずはその場所を確認していきます。
どこで漏れているのか正確に分かっている場合は良いですが、場所が分からないときは以下の方法を試しましょう。

  • 全ての蛇口を閉める
    まずは家の中にある全ての蛇口を閉めます。
    キッチン、トイレ、お風呂はもちろんのこと、庭や玄関などに水道がある場合も全て確認しておきます。
    ここでチェック漏れがあると原因が突き止めにくくなるので、必ず全て確認するようにしてください。
  • 水道メーターを確認する
    メーターには指針や目盛りがありますが、このとき確認したいのはパイロット部分です。
    パイロットとは、目盛りや指針などのない部分のことですよ。
    水道メーターは使っていないときには動きません。
    水を全く使っていないにも関わらず動いているとなると水漏れが発生していますから、こちらをチェックしていきましょう。

水道メーターは、玄関や駐車場に設置されていることが多いです。
戸建て、アパートなどでもそれは同じなのでどこにあるのか分からない人は、その周辺を確認しましょう。
また、マンションなどの場合は玄関を出た扉の中に、電気メーターなどと一緒に取付している場合もあります。

上記の2つの方法を試し、水漏れが発生している場所を突き止めます。
水が流れているかどうか、音がするかどうかで確認していきますが、それでも分からない場合は止水栓をチェックします。

止水栓は水の元栓のようなもので、台所、トイレ、浴室、洗面所などの水回りにそれぞれ付いている場合があります。
1か所ずつ止めていき、水道のメーターが動くかどうか確認していけば原因となる場所を見つけることができます。

パッキンの劣化、ナットの緩み程度であれば自分で直すこともできますが、それ以外が原因であれば業者に依頼していきましょう。

つまりが発生している場合は場所を問題を特定していこう

お風呂、キッチンの流し、トイレなどはつまりが発生しやすいです。
お風呂は髪の毛や石鹸カス、キッチンは食べ残した物、トイレは紙やティッシュなどが入り込んでいることがあります。

それぞれの確認方法と対処方法は以下の通りです。

  • お風呂&キッチンの場合
    お風呂やキッチンなどは排水溝のフタを開けて確認し、異物がないかどうか確認しながら掃除していきましょう。
    目で見て異物がないのであれば、専用の排水溝洗剤を入れていきます。
    専用洗剤がない場合は重曹とお酢を混ぜて入れ、30分ほど放置して様子を見ます。

こうすることで油や石鹸カスを溶かすことができるので、少し時間をおいて水を流し、直るかどうかチェックをします。

また、アルミホイルは酸性の汚れやヌメリを取ることができます。
アルミホイルをいらない歯ブラシや割りばしに巻き、こすりながら掃除しています。

  • トイレの場合
    トイレが詰まっている場合、異物が入り込んでいるケースが多いので、まずはタンクの中と水たまり部分を確認していきます。
    まずはタンクのフタを開け、何か入っていないかを確認しましょう。
    水たまり部分も目で確認し、その次に掃除用具を使って異物がないかどうかチェックします。
    無理に押し込むと更に奥に入ってしまうことがあるため、何かが詰まっていても無理矢理取ろうとはせず、確認程度にしておきましょう。

お風呂、キッチン、トイレで上記の方法を試し、トラブル解決原因の特定をしていきます。
トラブルの原因が分かれば業者に依頼しやすいので、できる範囲内で自分でしておくことが大事です。

料金相場を確認してから業者に依頼しよう

水トラブルの原因が分かったら、次は業者を呼びます。
原因が分かれば料金相場をネットで調べることもできるので、だいたいの金額を頭に入れてから業者に連絡しましょう。
トラブルの代表的な相場は以下の通りです。

  • パッキン交換→5,000~10,000円
  • 蛇口の本体交換→10,000~20,000円+蛇口本体の代金
  • つまり解消→10,000~30,000円

一般的な相場は上記ですが、破損部分によっては高額になることがあります。
パイプ、バルブ、水栓など、交換箇所によっても料金は異なってきますよ。

蛇口を交換する場合、基本料金と蛇口の本体の金額が請求されます。
蛇口の金額はどれを選ぶのかによっても異なりますが、15,000~30,000円ほどです。

つまりの解消であれば、つまっている部分の深さによっても料金が変わってくるので注意しておきましょう。

原因が分かっていれば電話したときのそのことを伝え、概算の料金を教えてもらいます。
料金が高ければ他の業者にもだいたいの金額を聞くようにすると安心です。

電話でも見積もりをしてもらうことができますが、実際に直接見てもらわなければ正確な金額は分かりませんからあくまで目安として考えておきましょう。

業者を選ぶときはこのようなことをチェックしておきます。

  • 地域に密着している
  • 説明や態度がきちんとしているかどうか
  • 料金のことを詳しく説明してくれるかどうか

地域密着型の業者は料金が安い傾向があります。
また、マニュアル的なな作業ではなく親切であることも多いのでおすすめですよ。

説明をきちんとしてくれるか、不愛想でないかなどもチェックしましょう。
直接見るまではハッキリした料金を伝えることはできませんが、だいたいの料金を教えてくれるのも良い業者の特徴です。

水道にトラブルが起きても焦らないでしっかり対処していこう

水のトラブルは生活に支障をきたします。
水漏れが起これば水道代が高くなってもったいないですから、早めに対応していきましょう。

自分で確認しておけば業者に依頼せずに直すことができる場合もあります。
直せなくても原因が分かれば見積もりと実際の請求金額にズレが少なくなりますし、修理にかかる時間も少なくなります。

焦らずに落ち着いて対処し、評判の良い親切な業者に依頼するようにしましょう。