築年数と共に進む水道老朽化

今回の出張修理は、茨城県つくばみらい市のお客様のところへ浴室排水つまりの対応でした。こちらの地域は県内でも南部に位置しており、東京まで車ですぐということもあり通勤時の利便性の高さから東京のベッドタウンとしてニュータウンなども造成されています。今回のお客様は市内のニュータウンにお住いの方で、一戸建て住宅の浴室排水のつまりが発生してしまい、シャワーや入浴が思うようにできないとのことで非常にお困りの様子でした。緊急に対応が必要ということで、早速ご自宅の方に車を走らせました。

ご自宅は、つくばエクスプレスのみらい平駅近くのニュータウンの一角にありました。15年前に新築建売住宅を購入されて以来ずっとこちらにお住いということです。一般的に15年もたつと、浴室排水のつまりがいつ起きてもおかしくない状態です。それでも割かしこまめにパイプクリーナーを排水口に注入して排水つまりの予防をされてきたようです。ですが、10年以上の年月が経っていると、やはり微量ずつでも皮脂や石鹸カスなどが排水パイプ内部にこびりついていき、つもりつもっていわゆるコレステロールが詰まった血管状態になってしまい、パイプ内部が狭くなり、そこへ髪の毛などもこびりついてくるためある日突然排水がつまりを起こしてしまうのです。

こうなるとプロに任せていただく以外に方法はありません。まず、つまりの様子を確認してから排水口からワイヤー器具を挿入してなるべく奥の方までしっかり汚れのこびりつきを落としていく作業を進めていく必要がありました。水道修理の専門家だからこその長年の経験が、まさにものをいう細かい作業になります。ワイヤーをうまく操りながらつまりの原因となっている汚れの塊を崩していきます。その際には排水管に傷をつけないように気をつけなければなりません。2時間近くかけて、やっとほぼ全ての汚れのこびりつきを落とすことができました。ワイヤーを一旦引き抜いてから、すぐに業務用の強力なパイプクリーナーを流し、時間をおいてじっくりと液剤をパイプ内に行き渡らせて、残りの汚れも丹念に落とします。仕上げにお湯を十分に流して修理は終わりました。蛇口をひねり水を流してみて、排水の流れの様子を最終チェックしました。勢いよく排水口に吸い込まれていく排水を確認することができたので、これでこの日の修理を無事に終えることができました。